限度額はどう決まる

標準

キャッシングはそのサービスを利用する人によって限度額が変わってきます。上限が30万円という方もいれば100万円までの限度額が設定されているという方もいます。この違いはいったい何なのかということですが、一つには契約者の年収や職場が挙げられます。年収が高く大きな企業に勤めている方のほうがキャッシングの限度額は高くなりがちですし、収入が少なく小さな会社に勤めている場合だと限度額も低くなりがちです。

もちろん、これはあくまで一例ですし実際にはさまざまな情報を組み合わせた結果限度額を定めています。ただ、年収や職場が限度額に多少なりとも影響するのは事実でしょう。また、他社からの借り入れがまったくない人とある人とでは限度額が変わってくる傾向にあります。他社からもたくさん借り入れているような状態の方だと限度額は低く設定されることが多いです。

キャッシングの限度額はさまざまな要素で決まりますから一概には言えないものの、契約者の経済状況や勤め先などで変化するのは事実です。また、他社からの借入額によっても変わってくるでしょうから注意しましょう。審査を行う銀行や消費者金融によってどこを重視するかは変わってきますし、どこと契約するかで限度額が違ってくるケースも少なくありません。